ダイエットの停滞期を打ち破る5つの対策!減らない体重にさよなら

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットの停滞期

ダイエットを頑張っているのに「体重・体脂肪率が減らない」「見た目も改善しない」という状態になってないだろうか?

よく「消費カロリー>摂取カロリーだったら痩せるんだ!ダイエットは簡単!」とかいう人もいるが、これは大間違いだ。人間の体は複雑で、単純に消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せていくというものではない。

ここではダイエットの停滞期を打ち破るための主要な5つの対策を挙げておく。自分の停滞期の原因が何かを考えながら、試してみて欲しい。

 

好きなだけ食べる

1つ目の対策は「摂取カロリーを増やせ!」だ。

厳しいカロリー制限をしている人には、何を言ってるんだと思われるかもしれない。一方で、最近はチートデイなんて言葉も周知されてきているのでなるほどなと思う人もいるだろう。

人間の体は変化に対応出来るようになっている。カロリー制限を行うとは始めはエネルギーがないから脂肪を燃焼したりするが、体が慣れてくるとそうはいかない。代謝を落とすことで、その少ない摂取カロリーで生きられるように対応するんだ。

生物としてはエネルギーはあればあるほど良いから、ダイエットをするというのは本能を騙さないといけない。

だからこそ、いったんカロリーを多く摂取して、脳に「ご飯はたくさんあるから、代謝を落とす必要はないな」と思わせなければならない。

こういう仕組みになっているから、定期的にたくさん食べた方が、カロリーを多くとっているにも関わらず痩せるという一見不思議な結果になるんだ。このことは研究によっても確認されている。

ちなみにここでのカロリー制限は、おおよそ基礎代謝マイナス500kcal以下で過ごしている場合を想定している。

チートするのは何日?

ここまで読んで、ある程度カロリーオーバーの日を作るのがダイエットには必要と分かってもらえたと思う。次に問題になるのは「どれくらいの量を」「何日間行うのか」ということだ。

どれくらいの量?

まず量についてではあるが、下手に○○kcalと言っても、計算も難しく、カロリー制限で胃も小さくなっている可能性があるので実行が難しい。そこで、脳に任せて好きなだけ食べるというやり方をお勧めする。

全然食べられなくなっている人は、好きな食べ物を食べてなるべくカロリーを稼いでほしい。好きなものを好きなだけ食べることで痩せられるのだから、楽しんでチートしよう。

しかし、一つだけ注意点がある。このサイトでは健康的なものを食べれば、自然と食欲が収まり痩せると言ってきた。なので理想は、スーパーなどで食材から買ってきたものを調理してそれを好きなだけ食べて欲しい。お菓子やジュースなどの加工食品はいくらチートデイであっても食べることは推奨しない。このことについて詳しくはこちらの記事を。

期間は?

次に何日間やればいいのかという事についてだ。これは今までにどれくらいの期間をカロリー制限していたかによって変わってくる。1日のチートデイだけでは代謝が戻らない事があるので、数日間チートをする必要がある。

僕のお勧めする期間は、

今までにカロリー制限をした日数×0.2

の日数だ。

これまで10日間カロリー制限をしてきたなら2日、一か月やってきたなら6日間、といった感じだ。さすがに「カロリー制限を1年やってたので73日チートデイします!」という人はいないと思うけど(笑)、上限はだいたい2週間だね。5日カロリー制限したらチート1日、という使い方も出来る。

好きなだけ食べる。出来れば健康的なものを。加工食品は厳禁。

「今までにカロリー制限をした日数×0.2」の日数の期間行う。

 

睡眠をしっかり取る

ダイエットは健康状態を維持しなければ継続も成功もできない。睡眠に関してもホルモンのバランス、代謝に影響を与える。

睡眠不足になってはないだろうか?睡眠の質はどうか?

こういうところを今一度見直してみよう。

ただ、仕事の関係などで睡眠時間をしっかり確保するのは難しい人が多いと思う。そういう人は睡眠の質を上げるしかない。ただ「寝る時間を決めろ」「お風呂を寝る何分前に入る」とか細かいルールを守るのは困難だ。僕もチャレンジして無理だったし、そもそもそんなことが出来る人は睡眠で悩んでいない。

そこで簡単に出来る改善方法としてサプリをおすすめする。

グリシン

1つ目はグリシン

これはアミノ酸の一種で、睡眠の質を高める効果がある。コンビニおにぎりなんかにも保存料として使われており、特殊なものではないので副作用の点からも安心できる。

ただ購入の時に注意すべきことは、このグリシンを入れて睡眠が改善できるサプリと謳ってぼったくる商品がある。そういう物には手を出さずに、グリシンを単体で買えば安い。ちなみに味は甘みがあり、飲みやすい。

1日3~5g寝る30分前に飲もう!

 

メラトニン

2つ目はメラトニンだ。研究も豊富で副作用もないので安心して使える。特に昼夜逆転とか睡眠リズムが狂っている人は試してほしい。いまは規制のせいで1ボトルしか買えないし、アマゾンではなくアイハーブで買わないといけないのが難点。はじめは1日1mgから試そう。寝る30分前に飲もう!

僕は不眠症気味なので、毎日ではないが飲むときは6mgほど飲んでいる。研究では50mgを静脈注射しても問題なかったみたいなので、まあ6mgでも問題ないだろって感じで飲んでます。そもそも1粒に20mgのメラトニン含んでる商品もあるからね(笑)。

アイハーブは4500円ほど買わないと送料で800円も取られるのでここが難しい。他に一緒に買うとすればリプライセルがいいかなと思う。

リプライセル

リプライセルについて知らない人への説明を。これはリポソームといってビタミンCの成分の周囲をリン脂質のカプセルで覆ったもので、この加工により通常のビタミンCの6倍の吸収率と言われている。これを使えば肌がワントーン明るくなったり、シワが減ったり、睡眠が改善させると評価が高い。ただし、値段もそこそこ高い。使い方としては空腹時に飲むこと!そして、リプライセルはジェルっぽいものなので、少量の水に浮かべてクイッっと飲み込む。

ある程度の効果が見込めて、値段も高いのでツイッターなどでの宣伝がすごく、必要以上にお勧めしてる人をよく見かける。僕としては値段は高いし、そのお金で野菜や果物から天然のビタミンCを取ったほうがいいと思うので、絶対買うべきとまでは思わない。ただ、アイハーブで送料無料の金額に届かない時に買っているという感じだ。飲む場面は疲れた日の寝る前と起床後というパターンが多い。

睡眠について完璧に対策をとるなら、メラトニン、グリシン、リプライセルの3点セットで鬼に金棒であることは間違いない。一気に買えば送料もかからないので、買うならこの3点セットで購入しよう。

Source Naturals, グリシン、500 mg、200カプセル

ストレス解消

ストレスを受けるとコルチゾールというストレスホルモンが出る。これは脂肪を貯めこみストレス太りになる原因だ。なので、ストレスを解消することで痩せることが出来る。

好きなことをしてストレス解消をしよう。ダイエットはライフスタイルを変更したり、我慢しなきゃいけない大変なものだ。食べること以外でうまくストレスを発散しよう!

有酸素運動の禁止

このサイトでは何度も有酸素運動は太る可能性があると言ってきた。もしランニングや有酸素運動をして、痩せないというのなら止めることをお勧めする。特にランニングは駄目。痩せないし、ストレスホルモンは出るし、怪我もするし、良いことはない。

代わりの運動は筋トレがおすすめ。ただし、これも時間を短くして体へのダメージを軽減すること。どんなにやっても30分以内で終わらせよう。

他に何か運動したいというのなら、通勤・通学で1駅分多く歩いたり、エスカレーターの代わりに階段を使うといったことを心がければ十分だ。

野菜を食べる

野菜不足はビタミン・ミネラル不足を招く。これらの栄養素がないと、ホルモンバランスが崩れてしまう。ホルモンの中には食欲に関するものも含まれているので、食欲が暴走したりする。さらに代謝にも関わるホルモンもあり、痩せにくくなってしまう。

ブロッコリー、ほうれん草が栄養価が高く特におすすめだ!

厚生労働省は1日350gを推奨してるけど、倍の700gくらい目指そう。美容にも健康にもいいので一石三鳥以上の効果だ。

まとめ

がむしゃらに頑張るよりも、きちんと体の仕組みを分かってダイエットをすれば、我慢せずに痩せることは可能である。そして、健康的な生活がダイエットには欠かせない。無理をせず、時間をかけてやればリバウンドなしのダイエットを成功させることが出来る。

停滞期というよりもダイエット方法そのものを見直したいというような人はこちらの記事をお勧めする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。