歯磨き粉のおすすめって存在しないの!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯磨き粉はいらない!?

知り合いの歯科医と一緒にご飯を食べていたところ。驚きの事実を聞かされた。

「歯みがき粉なんて意味ないよ」

えー!?

これは衝撃の事実。

普段、食事や運動については色々調べているが、確かに歯みがき粉について調べたことはなかった。

そこで歯みがき粉について本気を出して考えてみた。

 

研磨剤について

やはり歯が削れるおそれがあり、研磨剤はないほうがいい。

また、研磨剤が良くないという噂の影響で清掃剤と書かれていることもあるようだ。

なので成分表を見る必要がある。

「シリカ」、「重質炭酸カルシウム」、「リン酸水素カルシウム」、「水酸化アルミニウム」、「無水ケイ酸」(増粘剤の可能性もあり)などと表記されていたら、研磨剤のことのようだ。

 

ホワイトニング効果について

ホワイトニング効果を謳っている場合、研磨剤が入っている可能性が高い。

研磨剤が悪いだけでなく、ホワイトニング効果というのは結局ステイン(着色)をとる効果があるということ。

ステインに関しては歯の健康上には関係なく、審美的なものにすぎないのでわざわざ健康を害してまでやる必要はない。

それでも、審美に気を付けたいという人は歯医者でPMTCやホワイトニングをやってもらうほうが確実。

PMTCについては後述。

 

フッ素について

フッ素はやはり歯の再石灰化を促すので虫歯予防にはいい。

ただ、歯磨き粉に含まれている量は大したことがないものが多いし、歯磨き後の水でのすすぎで流れ出てしまう。

もし、本気で虫歯予防をしたいならフッ素洗口液を使うべき。

コスパ的にも効果的にも最強なのがフッ素洗口液で、ミラノールがいいと判断。

だた、いちいち粉を水に溶いて使わないといけないし、歯磨き後にうがいするというのが面倒でやめてしまった。

なお、1袋で1か月分であり、飲み込まないように下を向いてうがいをすること。

歯医者経由でしか手に入らないという不便さもある。

株式会社ビーブランド・メディコーデンタル -BEE BRAND MEDICO DENTAL-

 

歯周病予防について

まず炎症を抑える効果のあるものは根本治療にはならない。

そして、殺菌作用については歯磨きで浮かせた細菌に効くものみたいで、歯茎に直接殺菌作用が及ぶわけではなさそう。

歯みがき粉で治そうとするものではない。

日本歯周病学会でも歯垢(プラーク)の除去が一番だと言っている(参照1)。

※歯磨剤=歯みがき粉

Q歯磨剤は、何が良いのでしょうか?

A炎症を引かせる薬効成分などが入っているものもありますが、基本的には歯磨剤の成分はどれも同じ様なものです。一番大事なのは、どの歯磨剤を使うかではなくいかに磨き残しを少なくブラッシングでプラークを除去できるかどうかになります。

Q歯周病の予防に歯みがき粉はどれくらい効果があるのでしょうか?

A歯周病の一番の予防法はプラークの除去そのものです。一部の歯磨き粉には殺菌作用を挙げているものもありますが、あくまでもプラークをしっかりと歯ブラシなどで除去した後の補助的なものと考えるとよいでしょう。効能は主に歯磨き粉に含まれる研磨剤により沈着した色素を除去したり、香料により爽快感が得られるということでしょう。

 

ラウリル硫酸ナトリウム

これは界面活性剤であり、泡立ちの効果のため入れられている。

これは、歯磨き粉だけでなく、シャンプーや洗剤などで健康に悪いとして名前を聞いたことがあるかもしれない。

一時期は発がん性があるなどと言われたようだが、厚生労働省と米国化粧品工業会によって否定されたらしい。

ただ皮膚への刺激はあるようだ(参照2)。

なので、これも避けたい。

 

マウスウォッシュはどうなのか?

これについてはまず、

「マウスウォッシュでは虫歯や歯周病は治らない」ということ、また、「歯磨きの代わりにはならない」

ということが基本のようだ(参照3)。

また、殺菌効果はあるものの良い菌まで殺してしまう可能性があるとのこと。

これを知ってから、速攻で○ステリンを捨てたね。

 

まとめ

 結局、歯みがき粉もマウスウォッシュもいらない。

歯みがき粉がないと気持ち悪い。臭いも気になるというなら、研磨剤など余計なものが入ってないものを利用すればいい。

僕はコンクールのジェルコートFを使用していて、これはおすすめだ。

あくまで歯みがき粉を使いたい場合の話だけどね。

これは発泡剤・研磨剤を使っておらず、フッ素も市販のものではトップクラスの量が入っている(950ppm)。

※これまで、薬事法でフッ素を入れられる限界量が1000ppmだったが、2017年3月より上限が1500ppmに引き上げられたため、今後はさらに量の多い歯磨き粉が登場する可能性あり(参照4)。

殺菌効果もあると宣伝しているが、そこはまあ上で歯周病のとこでも言ったけど期待はしてはいけない。

また、着色があるというレビューもあるが、気になったことはない。PMTCをしているからかもだが。

歯みがき粉をこだわることより、歯ブラシを頻繁に変えることのほうが大事なようだ。
歯ブラシは定期的に変えないと毛先の開いたものでは歯磨きの効果が落ちる。

また、雑菌もこわいよね。

最近、台所スポンジは大便並の雑菌で消毒しても無駄っていうニュースが話題になったばっかりだし、歯ブラシもやばいだろうね(参照5)。スポンジの調査をした研究者はスポンジは1週間で捨てろって言ってるので、僕は前まで1か月だった所を2週間単位で変えるようにペースを早めました(参照5)。

安いものだし、これくらいは健康のためにもやっとかないとね。

虫歯でボロボロにしてインプラントとか入れたら50万は吹っ飛んじゃうし。

歯ブラシも悩むところだけど、知り合いの歯科医さんはシステマがお勧めということなのでとりえあずこれを使っている。

まあ、歯ブラシもしっかりブラッシングできるなら何でもいいんだろうけどね。

 

歯並びが悪い人なんかはワンタフトブラシを使うといいが、これで歯磨きしたあとに普通の歯ブラシでまた磨くのはなかなか面倒くさい。

歯の矯正をしている間なんかはこれで頑張ったほうがいい。

歯間ブラシやデンタルフロスについて

これについては悩ましい。
歯医者で絶対必要っていう人がいる中、あんま意味ないかもって論文もある(参照6)。
面倒くさいから僕はやっていない。

PMTC

そんな中おすすめなのは3か月に1回のPMTC。

PMTCとは専門家による歯の清掃のことです。例えばお掃除のプロがレンジフードやお風呂場などの掃除をしてもらうと、自分で行うよりも汚れが取れ、自分では取れない器械の中まで綺麗にしてくれます。PMTCも通常の歯磨きでは取れない部分の歯垢を専門家である歯科衛生士が綺麗にし、虫歯や歯周病を予防する方法です。 PMTC( Professional Mechanical Tooth Cleaning)専門家による機械的な歯面清掃のことです。

これでステイン(着色)と歯石が取れるので、虫歯予防だけでなく、審美と歯周病予防もできる。

だいたい3000円くらいだが、自由診療で高めのとこもあるので近所で安いところを探そう!

さらに、審美を意識するならホワイトニングもやろう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。