【食欲の暴走を抑えよう!】本当にダイエットできる意外な食事方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい食事方法は?

今回はダイエットに関して、何をどれだけ食べればいいかという食事方法について伝えたい。

食事方法こそがダイエットで最も重要なことで、運動は二の次と考えて欲しい。

先に結論を言っておくと、

カロリー無視で、思う存分食ってくれ!笑

これを見て、「おいおい、何言ってんだ!それを今までやってきたから太ってるんだよ」と思うかもしれない。

しかし、これはどれだけ食べればいいかを言っているにすぎない。何を食べるかは言ってない。

何を食べるかが最も重要なことなんだ!

実はカロリーなんてものはどうでもいいし、我慢なんて意味はない。

 

カロリーについての誤解

まず、カロリーについて世間一般では相当な誤解があるんだ。

それは摂取したカロリーがそのまま、吸収されるということを前提に語られている。大食いの人を見ればわかるけど、ただ胃に入れたからといってすべて吸収されるわけじゃあない。熱力学から考えたら、これはおかしいと思えるかもしれない。

ジャンクフードを2000カロリー食べるのと、野菜やフルーツで2000カロリーとるのでは体重の増加具合が違うんだ

サルの実験ではあるが、トランス脂肪酸が同じカロリーでも多く太ることがわかっている(論文)。

また、咀嚼の回数、食べ合わせ、腸の長さ、調理方法によっても吸収されるカロリー変わる。カロリーはたしかにおおよその目安にはなりえるし、運動なんかはカロリーをある程度計算したりもできる。しかし毎日500kcal少ない食事にしよう!なんていう目標は絶対に達成できない。

 

我慢してカロリー制限してもリバウンド

そして、我慢してカロリー制限をしたとしよう。摂取するものを大幅に減らせば確かに吸収した分も減る。そして、数週間は体重が減るだろう。

しかし、ここであらたな問題がでる。それはリバウンドだ!

  1. 体はエネルギーがないことにより、危機を感じ、エネルギーをため込もうとする
  2. そうすると体重は減らなくなる
  3. そこで、我慢に耐え切れずに食べる
  4. エネルギーをため込む体に大量にエネルギーをぶち込まれる
  5. リバウンド(笑)

これでは意味がないのだ。リバウンドに関しては以下の記事も参考にしてね。

 

加工食品だけは食べてはいけない

じゃあ、どうする?

その答えは加工食品以外のものを好きなだけ食べるんだ。

なぜこれが必要なのか?

簡潔にまとめると理由は以下の2つになる

  1. 食欲を正常にする
  2. 腸内細菌を正常にする

 

食欲の正常化

食欲を正常にする、の意味がわからないかもしれない。これはホメオスタシスセットポイント理論とも呼ばれるもので、脳は自分の体重を維持しようとする機能がそもそも備わってる。

しかし、現代の様々な加工食品は脳の食欲の機能を破壊し暴走させる効果がある。

実は食欲と満腹感は別物なんだ

満腹なのにデザートを食べるといったことはまさにこれである。飲食関連の企業はすでに脂肪・糖・塩をどのように使えば人食欲が暴走し、加工食品への依存症になるかを把握している。

ラットを使った実験では、ジャンクフードにおかされたラットはジャンクフードを与えなくなると、普通の食事を与えても食べず、飢えることを選んだようだ。

工場などで大量に作り上げられたものはこのような技術が使われ、さらにそれを安くするために質を落としたものがつかわれる。バターのかわりにマーガリンといったものだ。これらはさらに肥満に拍車をかける。

詳しくはこちらの本を。

僕らは無意識にこういった工夫の凝らされた食品を大量に摂取している。

だからこそ、加工食品をいったん抜き、脳をリセットし、正常な状態に戻さなければならないんだ。

 

腸内細菌

最近は腸内細菌への注目が高まっている。それは色々な研究により、腸内細菌が様々なところに影響をあたえるとても重要なものではないのかと考えられるようになったからだ。

例えば肥満に繋がるような、いわばデブ菌なんてものも存在する。ジャンクフードを食べているとデブになる腸内細菌が増えてしまう。

また、個人で消化吸収が変わるのも腸内細菌が理由の可能性も出てきた。朗報なのは腸内細菌はかなりの可塑性に富むことだ。食生活を変えるだけで腸内環境は変えられる。

そして、腸内細菌が変化すれば消化吸収が変わりダイエットに成功できる。

 

まとめ

しかし、加工食品を食べないというのは相当つらいよね。加工食品と聞いてピンとこないと思うが、基本的に自炊でキチンと料理しなければならないことになる。

コンビニでは買えるものはごくわずかで、外食も制限される。料理が好きな人はすさまじく簡単に痩せていくことになるが、自炊をしたこともない人にはなかなか難しいかもしれない。そんな人のために簡単に最低限の自炊をする記事があるので、それを読んでほしい。

最後に少し希望のある話を

このような加工食品を抜く生活ははっきり言ってかなりつらい。脳は依存症になっているので、薬物依存を抜ける覚悟でやってほしい。ただ、薬物と違い食欲の暴走は2週間ほどでおさまってくる。

だから、なんとか2週間だけ耐えてほしい。そうすれば、自然と加工食品を欲しなくなり、耐えてるという感覚はなくなる。腸内細菌も10日もあれば変化するので、2週間もあれば十分。

ちなみに僕は毎日ラーメンを食べ、コンビニスイーツを食べていた。腹が減っているとか、食べたいという感覚より、欲してるという感覚だった。

上記のようなことを知り、1か月半ほど、加工食品をたち、自炊オンリーで過ごした。途中で気が狂いそうなほどきつかったが、気が付けばラーメンやデザートを欲しなくなっていた。

いい店で繊細かつ新しい味を求めるために食べ、昔のようにヘドロのようなこってりスープや生クリームをむさぼりたいという気持ちはでない。

食事は健康になるためだけのものではなく、幸せになるための楽しみの一つだ。

だから、ずっと修行僧のような生活をすることは正しいとは思わない。

ただ、脳が依存症になってる状態はその幸せとかけ離れているものであるので、いったん正常にし、正しく食事を楽しんでほしい。

また、食事制限で貯めたストレスを運動にぶつければダイエットもでき一石二鳥だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。