ダイエットや筋トレのやる気・モチベーションがなくなったとき

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

意志力の話

There is more to life than increasing its speed.

「速度を上げるばかりが人生ではない。」

ーMahatma Gandhiー

ダイエットや筋トレ、その他の様々な努力をしてきて、ある瞬間、

ポキッと心が折れる音が聞こえてしまった。

空っぽになって何もする気力が起きない。

あなたはそんな状況かもしてない。

そんな時に、真面目な人、責任感のある人ほど自分が悪いと思い込んで、無理に頑張ろうとしてしまう。

だけど、その結果、体や精神を壊すことになる。

あなたが自分に誠実な人間であるからこそ、故障してしまう。

これは歯がゆい。

ここで、「だらだらしてください。サボってください。」といっても、真面目病なあなたは従わないですよね?

それは僕がそうであったように。

意志力という言葉を聞いたことがありますか?

数年前に話題になったので、知っている人もいるかもしれません。

敷衍しながら簡単に説明すると、人は何かを決定したり、我慢するときにエネルギーを使っている。という話です。

これに対しては反対する見解もありますが、感覚的に正しいと僕は思っており、意志力の理解こそが、真面目病の治療方法だと確信しています。

あなたが自動車だとします。

ここまで、かなりの距離を走ってきました。

しかし、途中でガソリンが切れてしまった。

ここで、あなたはどうしますか?

無理やりにエンジンをふかしますか?

そうじゃないですよね。

まずやるべきことはガソリンの補給です。

もう気付いたでしょう。

これは、そのままあなたと同じ状態なんです。

やる気・モチベーションとはガソリンであって、補給しないと空になってしまいます。

一部の人は大量のガソリンタンクがあって、補給しないでゴールする人もいますが、他人は他人。

あなたのタンクが空っぽならば、まずはガソリンを入れることがゴールに最短で進む選択肢なんです。

嬉しいことに筋トレやダイエットは休むことで効率化されることも多いです。

筋トレはマッスルメモリーといって一回筋肉がつけば、休んで筋肉が減っても次に筋トレをすると減った分の筋肉の戻りは速い。

ダイエットもチートデイといって、ダイエットをいったん止めてカロリーを多くとることで体の飢餓スイッチが解けて、痩せやすい体になります。

頑張らないことも筋トレ・ダイエットの一環。

また、ガソリンの補給に関しては、人それぞれ。

ぼーっとしたり、

美味しいものを食べたり、

趣味など、好きなことや新しいことをする、

友達や家族、恋人と過ごす、

などなど。

個人的な体験を踏まえて言うと、

同じことの繰り返しで飽きっぽい感覚へのガソリンは美味しいものや好きなこと・新しいことをし、

忙しさに忙殺され疲弊感のある場合のガソリンはぼーっとすると給油速度が速いように思います。

苦しい時に、自分にかける言葉を「頑張れ」から「休もう」に変えていきましょう。

速度を上げるばかりが人生ではないのだから。

おすすめ記事

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

ダイエットに失敗し続けていませんか。痩せては太るを繰り返していませんか。
なぜうまくいかないのでしょう。あなたは一生懸命にダイエットを試みているのに。
理由は簡単ですよね。
原因はあなたではなく方法だからです。
世の中に広まっている一時的な効果しかないダイエット方法とは違い、「健康になればダイエットは既に終わっている」の信条の下、リバウンドもなく健康的に一生継続していく痩せ方を実践します。

パーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。