ダイエットの目的を体重にしてませんか?それだと綺麗にはなれません!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットってなんのためにやるの?

「よし!本気でダイエットをはじめるぞ!」ってなったとき、みなさんはどういう目的でダイエットを始めていますか?

「○○キロ痩せる!」っていう目標を立てていることは多いだろう。けども、目標と目的は違う。

そもそもダイエットの目的って綺麗になること、見た目をよくすることだよね?

目的がそうだったら、実は体重を考えることってまったく意味がないんだ!

「目標は○○㎏」「○○kgまで落としたい」僕の所へ相談に来る人でもこういう人は本当に多い。

けども、減量期のボクサーのように、ほんとに重量だけを落としたい?それは本心じゃないはずだ。

本心ではないのに体重に取りつかれてしまうのは

「体重が減る = 見た目がよくなる」

っていう間違った前提があるから話がおかしくなるんだよね。あと、TVや雑誌などで○○kgというのをしきりに宣伝しているというのも原因の一つだね。

この間違った前提のままダイエットをしようとすると、変な方法に飛びついたりしてダイエットが成功しなくなってしまう。なので、まずは目的を今一度確認しよう!体重の減少が美しく健康になるための唯一の手段じゃない。

そして、体重が減っても、見た目が細く綺麗になるとは限らない!という真実を直視するんだ!

 

なぜ体重は意味がないのか?

細かい理屈を並べるよりも、なにはともあれまずはこれを見て欲しい。

引用1 

おわかりいただけただろうか?

同じ51キロの体重でこんなに差があるんだ。

なんでこんなことが起こるんだろう?

その答えはこの画像。

引用2 

左が筋肉で右が脂肪。これは両方とも2キロで重さは一緒!

でも比重が違うから、ここまで体積に差がでてるんだ。

ここで、もうみんなわかってくれたはず!

筋肉がつけば、特に体重が減らないが、見た目がよくなる。

脂肪まみれの体は筋肉もりもりの体に比べて軽いが、見た目は最悪。

筋肉のある体は重いが、見た目は美しい!

みんな見た目を変えたいよね?だから体重なんかにとられてたらずっと醜いボディのまんま。体重落としてもダイエットの成功とはいえない。

 

食事制限の罠

また、体重だけにとらわれると食事制限の罠にもひっかかってしまう。

食事制限をするとまず体の水分、肝臓に蓄えられているエネルギーのもととなるグリコーゲンが落ちていく。これだけで1,2キロくらい落ちる。

この見せかけの体重減少が罠だ。

ただの体のエネルギーのもとがなくなっただけで脂肪は全然減っていない。

そして、無理な食事制限を続けていくと、脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまう。そうなると、代謝の悪い太りやすい体というだけでなく、見た目も悪くなる。我慢の限界を超えて、また食べはじめると前よりもひどくなるという、恐怖のリバウンドである。

美しく引き締まった体には筋肉が不可欠!体重の減少だけに目を向けるのをやめよう。

 

なにを基準とすればいいのか?

体重がだめならどうすればいいのと思うかもしれない。

その答えは体脂肪率だ!

本当のダイエットは体から脂肪を減らしていく作業だ。体に必要なだけしか脂肪がないのであればダイエットはする必要がない。それがたとえ体重が重いとしてもだ。

しかし、体脂肪は計測が難しい。一番簡単に計るのであれば家庭用で体脂肪率測定機能付きの体重計があるが、家庭用のやつでは不正確で誤差がある。

有名メーカーの体重計を比較した人がいるのだが、この2大巨頭で計ってもこの差なんだ。

参考1

なので家庭用の体重計を使う場合はコスパを重視して、安いもので十分!

バカ高いの買うくらいなら、ジムにビジターでいって計測するのでいいよ。体脂肪率なんて急に変わらないから頻繁に計る必要はないからね。

なので計る頻度は週1くらいに下げよう!

急激に体重が落ちるダイエットはほぼリバウンドするし、ちゃんとしたダイエットは体重に関しては緩やかに落ちることになるので、そのほうが精神的に良い。体重に一喜一憂するとストレスになっちゃうからね。

また、ジムでの計測はかなり正確ないい機械があることもあるが、計測の際にジムの人間がつきっきりで、がっつりデータを見られて恥ずかしがりの人はそわそわしてしまうかもしれない(笑)

メジャーで測定

そこで、別の方法がある。1つは腕や足を直接メジャーで計る方法だ。

数字がわからないとやる気でねーよって人は、ウエストや太ももをメジャーでサイズを計って記録するのがいい。

その数字の変化は確実に見た目と比例していくからね!けども体重と同じで囚われすぎれ神経質にならないように。

メジャーはちゃんと丸められるやつを選ぶと良いよ。

鏡でチェック

もう1つ方法があって、これが一番おすすめだ

それが、見た目判断である!毎日鏡で自分の体型をチェックするんだ!

見た目をよくしなきゃいけないのなら、自分の体を見なければいけないのは当たり前すぎて盲点になってしまってた人も多いはず。

そして、見た目で判断するっていうのは意外と精度が高いんだ。ボディービルダーも鏡のチェックは重要であると言っている。

体脂肪率と見た目の関係は下の画像を参考にしてほしい。

引用3

ただし、どんなに体脂肪率を落としても、

男性は13%、女性は18%

くらいで止めておくのがいい(そこまでいくのは相当難しいんだけどね)。

体の脂肪を減らしすぎるとホルモンバランスが崩れ、健康を害してしまう。

 

最後に

さて、体重を計ることの無意味さはわかってもらえたかな?

体重だけを気にするのはやめて見た目を第一に考えよう!

数字だけを気にするより、しっかりと筋肉をつけた方がよっぽど細く美しい体になる。

他にもダイエット界には間違った常識がある。それらに騙されないようにして、さっさと痩せちゃおう。

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

ダイエットに失敗し続けていませんか。痩せては太るを繰り返していませんか。
なぜうまくいかないのでしょう。あなたは一生懸命にダイエットを試みているのに。
理由は簡単ですよね。
悪いのはそのダイエット方法です。
世の中に広まっている一時的な効果しかないダイエット方法とは違い、健康になればダイエットは既に終わっているの信条の下、リバウンドもなく健康的に一生継続していく痩せ方を実践します。

パーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。