1日6食ダイエット/朝食ダイエット

1日6食ダイエット/朝食ダイエットのレーダーチャート
1.4

1. どんなダイエット?

1日6食ダイエットは、朝食・昼食・夕食の3回の食事をとり、さらに3回の間食もとることで痩せるというもの。
北川景子も実践したという話もあり、クッキングスクールの社長である浜内千波さんが提唱者だ。

1日5食ダイエット/体内時計ダイエットは類似ダイエットです。

2. 提唱者の主張

空腹を感じる前に食べるため、胃がだんだんと小さくなる。また、数時間ごとに間食を摂ると、下がり始めた血糖値がまた上昇して常に安定するので、体脂肪がたまりにくい&消費されやすい体質になる。というのが根拠のようだ。

3. 僕の見解

1日6食とインパクトのあるダイエット方法に見えるが、中身はなんのことはないただのカロリー制限だ。
実はこのダイエットは1日の摂取カロリーを先に計算している。カロリー制限さえすれば、基本的にはどんな食べ方をしても痩せる(継続できればの話だけど)。
なので、1日1食でも1日100食でも同じこと。

根拠である血糖値と肥満の関係についてはまだ確定されていない。肥満が血糖値の上昇によるインシュリンの効果であるとするのはあくまで1つの説にしかすぎない(参照)。GI値が低いものでもインシュリンを多く分泌するし、肥満とGI値と肥満を調べたもので両社に関係がないとする研究も多い(参照)。

1日5食ダイエットについても同様。体内時計ダイエットなどで朝食を食べることで痩せるという話もあるが、これも根拠は薄い。朝食を食べて痩せるという研究はケロッグ社がスポンサーで忖度の可能性があり、朝食を食べても痩せなかったという研究もある。
なので、朝食を食べる習慣がない人が無理に朝食を食べる必要はない。

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

ダイエットに失敗し続けていませんか。痩せては太るを繰り返していませんか。
なぜうまくいかないのでしょう。あなたは一生懸命にダイエットを試みているのに。
理由は簡単ですよね。
悪いのはそのダイエット方法です。
世の中に広まっている一時的な効果しかないダイエット方法とは違い、健康になればダイエットは既に終わっているの信条の下、リバウンドもなく健康的に一生継続していく痩せ方を実践します。

パーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。