トマトダイエット

トマトダイエットのレーダーチャート
3.8

1. どんなダイエット?

夕食の時にリコピン15mg(トマト2個、ミニトマト16個、トマトジュース150ml)以上を摂取する。3カ月以上は最低継続。

バナナマンの日村勇紀さんが行ったトマトダイエットでは、毎食2個のトマトを食べるというもの。これで1カ月で12kgの減量に成功したようです。(実際には最後の5日間は運動をしているので、トマトダイエットだけの効果ではありません。トマトだけの期間では5kgの減量です。)

夜トマトダイエット/焼きトマトダイエットは類似ダイエット。

2. 提唱者の主張

リコピンで痩せやすい体になる。クエン酸で代謝があがる。ペクチンという食物繊維で便秘が解消する。
13-oxo-ODAという成分が中性脂肪を分解する。

3. 僕の見解

TVでのダイエットはかなり疑わしいが、トマトを毎食2個も食べるとなると、その分満腹になるのでダイエット効果はあるでしょう。ただ、カロリー制限の弱点だが、一時的に痩せるだけでリバウンドしてしまう。日村さんも現在は痩せてないので、そういうことだろう。

クエン酸とリコピンは特にダイエットに効くという根拠は研究では確認されていない。クエン酸は疲労回復効果もあるとはいえない状況。リコピンに関しては健康効果については血圧に関しては効果がある一方で、美白効果については確認はされていない。

ただ、抗酸化作用があるので健康には良い。

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

ダイエットに失敗し続けていませんか。痩せては太るを繰り返していませんか。
なぜうまくいかないのでしょう。あなたは一生懸命にダイエットを試みているのに。
理由は簡単ですよね。
悪いのはそのダイエット方法です。
世の中に広まっている一時的な効果しかないダイエット方法とは違い、健康になればダイエットは既に終わっているの信条の下、リバウンドもなく健康的に一生継続していく痩せ方を実践します。

パーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。