おにぎりダイエット/お米ダイエット

おにぎりダイエット/お米ダイエットのレーダーチャート
1.4

1. どんなダイエット?

2~3週間、毎日おにぎりを食べる。
お米ダイエットは名前はいかにも米を食べそうだけど、お米は痩せる食べ物といいながら量も制限され、食べる順番と時間も制限されている。
おむすびダイエット/ご飯ダイエット/週末ご飯ダイエット/冷ご飯ダイエット/おかゆダイエット/酢昆布ごはんダイエット/レジスタントスターチ式ダイエット/お腹からやせる食べかたなどは類似ダイエット。

2. 提唱者の主張

お米は日本人の慣れ親しんだ食べ物であり、体質的にも相性が良い。代謝が上がる。

お米はよく噛んで食べるので満腹感を得られる。冷ご飯にするとさらに咀嚼が増える。
おかゆはカロリーを抑えられる。ゆっくり食べることで満腹感を得られる。

3. 僕の見解

「米は昔から食べられているものだから、日本人に合っている。だから健康だ!」このような主張は一見だ正しいように見えますよね。しかし、これには疑問符が付く。

まず、本当に主食だったのか?縄文時代から米を食べるようになったと言われているが、特権階級の人しか食べてなかった(参照)。

「白米」が食べられるようになったのは奈良時代。ただし、食べられたのは特権階級の人達だけ。

実際に庶民が食べるようになったのは江戸時代中期の可能性が高い(参照)。

江戸中期、「米将軍」と呼ばれた八代将軍の徳川吉宗が行った享保の改革は米の生産量拡大に拍車をかけました。武士階級だけでなく、時には農民も白米を口にできるようになりました。

そうだとすると、日本人の体が米に対応する遺伝子変化をするには時間が足りないんじゃない?ってことになってきます。

しかも、大量に白米を食べるようになって、ビタミンB1が欠乏して脚気が流行したというおまけつき。
はっきり言って、米は全然健康的な食材ではありません!ただのカロリー塊です!
激しい運動をしていたり、体重を増やそうという人にはぴったりの食材ですけどね。

冷ご飯に関しては、ごはんは冷やすとレジスタントスターチという食物繊維と同様の働きをするでんぷんができる。
これはいいのだけれど、普通にごはんを食べるよりいいというだけで、カロリーはあるから、痩せることはない。

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

ダイエットに失敗し続けていませんか。痩せては太るを繰り返していませんか。
なぜうまくいかないのでしょう。あなたは一生懸命にダイエットを試みているのに。
理由は簡単ですよね。
悪いのはそのダイエット方法です。
世の中に広まっている一時的な効果しかないダイエット方法とは違い、健康になればダイエットは既に終わっているの信条の下、リバウンドもなく健康的に一生継続していく痩せ方を実践します。

パーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。