コーヒーダイエット/バターコーヒーダイエット

コーヒーダイエット/バターコーヒーダイエットのレーダーチャート
3.0

1. どんなダイエット?

毎日ブラックのコーヒーを飲む。
朝食の代わりにバターの入ったコーヒーを飲む。

類似ダイエットの完全無欠(パレットプルーフ)コーヒーの場合はバターだけでなくココナッツオイルも入れる。

2. 提唱者の主張

カフェインとクロロゲン酸という、ダイエット効果をもった2つの成分により脂肪燃焼・代謝up・デトックス・便秘解消ができる。

3. 僕の見解

まずコーヒーは賛否ある食品ですが、心疾患やガンのリスクを下げたりと健康に良い可能性のほうが高いです。
ただよく言われるように妊婦さんや小さい子供は避けた方がいいかと。

また、カフェインの耐性が人によって違うので、コーヒーを飲んで調子が悪いという人はコーヒーをやめるか、カフェインレスのコーヒーにしましょう。

さらに耐性がある人でも、毎日のように飲むとカフェインが効かなくなってくるので、1週間ほどのカフェイン断食をすると、効果が得られるようになります。

肝心のダイエット効果についてですが、カフェインに脂肪燃焼の効果があるのでダイエット効果はありということになります。
ただ、カフェインの効果というより朝食を抜くことの効果の方が大きいですけどね。

そして、バターコーヒーについては、そもそも間違って伝わっているし、効果が微妙だと思っています。

そもそもはシリコンバレー式 自分を変える最強の食事が元ネタで、この本ではカビと食材の品質をやたら気にしており、カビの付着可能性がないオーガニックコーヒー、そして牧草育ちのグラスフェットバターを使ってバターコーヒーを作って飲めということが書かれています。これが劣化してバターコーヒーになって広まったわけです。

バターは悪い食材ではないですが、特に痩せるというものではない。なので、バターにより食欲が抑えられている効果があるのかなという程度。バターは高カロリーですが、コーヒーに入れる量なんてたかが知れてますし。

パレットプルーフのほうはココナッツオイルも加わりますが、ココナッツオイルがダイエットに良いか悪いかは微妙なところ。良いとする論文もあれば、関係ないとする論文もある。好きなら飲んだらいいけども、というところ。

朝食代わりに普通のコーヒーを飲むというので十分と思います。
オンラインパーソナルを開始しました

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

現在、世界中に広まったコロナウイルスの影響により、外出ができず、自宅で生活する時間が一気に増えました。 また、スポーツジムで感染が広まったこともあり、「ジムにいけない」「パーソナルトレーニングを受けられない」という状況が続いています。
このような状況はただダイエットができない・筋肉が落ちるというレベルに留まらず、メンタルの不調や鬱など健全な生活が崩れる恐れがあります。
「健康になればダイエットは終わっている」を信条に、健康的な身体作りを目指してきました。
そこで、自宅にいても食事内容を変え、運動をすることで、健康を維持できるプログラムをオンラインを開始いたしました。

オンラインパーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。