スパイスダイエット/朝カレーダイエット

スパイスダイエット/朝カレーダイエットのレーダーチャート
2.8

1. どんなダイエット?

スパイスが新陳代謝を高めてくれる。朝食をカレーに置き換えるだけ。
朝食をカレーにする。スパイスを取り入れる。

2. 提唱者の主張

スパイスの効果で血流が良くなり、代謝アップ。
スパイスでデトックス効果も。
シナモン、ジンジャー、クミン、ウコン(ターメリック)、コショウ、コリアンダー、唐辛子などがおすすめ。

3. 僕の見解

まず、最近の研究では、朝食を食べても痩せとは関係がない可能性が高いとされている。
朝食を食べる習慣のない人は食べなくて大丈夫。

そして、スパイスにはマウスを使った実験ではあるが、脂肪燃焼や血糖値コントロールなど効果が見られている。ただし、効果の影響としては小さい。

一方で、ウコンの吸収率が実は悪く、普通に摂取しても効果がないのではないかという問題も。

ダイエットに一番よくないのはカレーを食べることだと思う。自分でスパイスから作っているならいいのだが、日本で買えるカレールーはほとんどが植物油脂と小麦粉で作った地獄の食べ物。
それをご飯にかけるなんて、どうみても太るための食事。


朝カレーは狂気の沙汰なので絶対ダメ!

普段の料理でちょっと意識してスパイスを使うくらいでいいんじゃないかな?

個人的にはシナモンは意識して取っている。血糖のコントロールの効果を狙っており、糖質を多くとったときにはシナモンを紅茶に入れて飲んでます。これによって男性ホルモンの減少も抑えられるので。

なお、シナモンに関してはミョウバンを使用しているものが多い、ミョウバンにはアルミニウムが含まれており、毒性がある。ただし、厚生労働省の調査では基準値以下しか摂取してないようだが(参考)。

またクマリンという成分による肝機能障害の危険もある(参考)。

なので、念のためこれらの問題を解決しているセイロン・スリランカ産シナモンを使うのがいいでしょう。
オンラインパーソナルを開始しました

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

現在、世界中に広まったコロナウイルスの影響により、外出ができず、自宅で生活する時間が一気に増えました。 また、スポーツジムで感染が広まったこともあり、「ジムにいけない」「パーソナルトレーニングを受けられない」という状況が続いています。
このような状況はただダイエットができない・筋肉が落ちるというレベルに留まらず、メンタルの不調や鬱など健全な生活が崩れる恐れがあります。
「健康になればダイエットは終わっている」を信条に、健康的な身体作りを目指してきました。
そこで、自宅にいても食事内容を変え、運動をすることで、健康を維持できるプログラムをオンラインを開始いたしました。

オンラインパーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。