ストレッチダイエット系

ストレッチダイエット系のレーダーチャート
3.0

1. どんなダイエット?

ストレッチを行う。
バリエーションが多く、寝る前ストレッチダイエット/5秒ストレッチダイエット/猫のびダイエット/筋膜リリースダイエット/股関節ストレッチダイエット/股関節ハッピーダイエット/股関節1分ダイエット/肩甲骨ダイエット/猫背矯正ダイエット/ねこ背を治してダイエット/ゲッタマン体操〈完全版〉最強の「肩甲骨」ダイエット/骨ストレッチ/呼吸ストレッチダイエットなどがある。

2. 提唱者の主張

夜寝る前にストレッチを行うことで、成長ホルモンが出る。食欲増進ホルモンの分泌を抑制する。
股関節の歪みをなおすことで、血行をよくし下半身太りを解消。むくみや冷え性も改善。
肩甲骨の周りの褐色脂肪細胞が白色脂肪細胞を燃焼する働きがあり、肩甲骨を動かすことでこの褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪を燃焼をさせる。

3. 僕の見解

ストレッチも昔から常識として良いとされていたが、研究が進んだことによりその地位が脅かされている。ストレッチは怪我を予防しないことがわかったり、筋肉痛や疲労回復も予防できないことがわかってきた。

またボクササイズのところでも言ったが、肩回りを動かすことにより褐色脂肪細胞が動き、痩せやすいなどと言われるが、動かしても褐色脂肪細胞は活動しないので関係なし。

では、ストレッチにまったくの効果がないか?
2つほど考えられるものがある。

  • 睡眠前にストレッチをすることで体温が上がり、成長ホルモンが出やすくなるという効果。
  • トレーニング初心者はストレッチをするだけで筋力が増えるという効果(参考論文)。
  • ストレッチによるストレス解消効果でストレス太りを解消。

ただ、あくまで可能性な上に効率は悪い。

ダイエットにおいて中途半端なものを選んで楽をしようとすると、ダイエットは成功せず、結果的に時間も無駄になってしまうんですよね。
オンラインパーソナルを開始しました

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

現在、世界中に広まったコロナウイルスの影響により、外出ができず、自宅で生活する時間が一気に増えました。 また、スポーツジムで感染が広まったこともあり、「ジムにいけない」「パーソナルトレーニングを受けられない」という状況が続いています。
このような状況はただダイエットができない・筋肉が落ちるというレベルに留まらず、メンタルの不調や鬱など健全な生活が崩れる恐れがあります。
「健康になればダイエットは終わっている」を信条に、健康的な身体作りを目指してきました。
そこで、自宅にいても食事内容を変え、運動をすることで、健康を維持できるプログラムをオンラインを開始いたしました。

オンラインパーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。