テストステロン・男性ホルモン増加完全マニュアル!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

どういう効能があるのか

男性ホルモンには人生の成功と相関関係がある。

これにはビジネス、スポーツだけでなく音楽関係までも含まれる。

これはなぜだろう?

それは、男性ホルモンが多いと競争を好み、リスクを取り、精神力も強いからなんだ。

これは科学的に実証されている。

また、夜の生活にも重要であることは言うまでもなくみんな知っているだろう。

成功してる経営者などがみんな競争好きのイケイケで女好きなのはここが関係している。

 

どうやって測る?

基本的には人差し指と薬指の長さの差で図るのがポピュラー。

手のひら側の付け根から先端までの長さをはかり、薬指の方が長いと男性ホルモンが多い可能性が高い。これは胎児のときの母親からのホルモンの影響によるのが理由だ。

また、この長さの比率と成功との相関関係が強いのでより長い方が望ましい。

悲しいことに男性ホルモンの少ない僕は同じほどの長さしかない・・・。

正確に測るには病院でテストステロンの検査をするのがいい。

ただ値段は高めのところが多いね。更年期ドッグなんかでも図ることは可能なので、年齢の高めの人はこっちを利用するのもありだ。

また遺伝的に多いかどうかを調べるのなら、遺伝子検査だ。このマイコードというのが唾液を送るだけで簡単に検査でき、他の項目も多くおすすめだ。

男性ホルモンの増やし方

筋トレ

これが最も効果的だと思う。僕自身、相当低い男性ホルモンの状態から上位20%の状態までもっていった。

筋トレのみで上げられたのでやはり効果は絶大だ。

そして、この中でも一番効くのがスクワットだ。

キングオブトレーニングといわれ、テストステロンを出すには最強だ。おまけに成長ホルモンまで出る。

ただし、フォームが難しいので、筋トレ初心者の人は初心者向けの記事を見てね。

中級者はフリーウェイトでBIG3をやりまくればOK。

 

 

サプリ

テストフェン

これは男性ホルモンの増加に効くという研究がある。

ただテストフェンなどは高齢者などにしか効果ないとのデータも見かけたし、使った感想としてもそこまでの変化はわからず。

35歳以上なら使ってみてもいいと思う。

 

亜鉛

これは精力をつけるためにも大事というのは割と有名。

ただし、エビオスで精力が増すという都市伝説があるが、エビオスには亜鉛はほとんど入っていないので注意が必要。

1日10mgが推奨量なので、量がぴったりなこれをお勧めする。亜鉛は吸収しにくいので飲むときは食後がおすすめ。

 

 

ちなみにテストフェンと亜鉛を同時に摂取でき、男性ホルモン増加に効くと言われているマカなども配合したゴールドジムから出てるサプリがある。

けれど、僕がこれを使った感じそれほど実感は感じられなかった。臭いもすごいし(飲んだ後に汗からもこのサプリの臭いがにじみ出る)、12錠と飲む量も多くてつらい。

どうしても男性ホルモンを増やしたい。できることは全部やる。といったモチベ―ションの高い人は試してみてもいいとおもう。

 

 

ビタミンD

あまりメジャーではないけれど、ビタミンDは男性ホルモンの量と相関関係があったという研究がある。

それ以外にもビタミンDは脳の働きなど様々な効果が期待できる。

太陽を毎日1時間とか浴びている人には不要だけど、ずっと会社の中でいるような人は不足している可能性が高いので是非サプリで補ってほしい。

1日1000I.U.を推奨するのでこれがおすすめ。これも食後に飲むこと。また、太陽をしっかり浴びた日には飲まなくてOK。

 

 

食事

脂肪をとることも男性ホルモン増加に大事なんだ。脂肪といっても良質なものを複数とることが重要。

オリーブオイル、アーモンド、アボカド、ココナッツオイル、卵黄、ダークチョコレートなんかがおすすめ。

手軽にとれるのは卵黄。外食でラーメンなんか食べるときも味玉トッピングでOK。

自炊をするなら、サラダ油なんて不健康なものを排除してココナッツオイルに変更。

 

サラダのドレッシングはオリーブオイルとお酢を6:4の割合で混ぜて自作するのがいい。

めっちゃうまいのでおすすめ。容器は100均ので十分。

 

おやつをダークチョコレートに変更するものいい。

カカオはポリフェノールが入っており、脳機能向上・アンチエイジング・美肌効果もあり、良いこと尽くしだ。

チョコレート効果やTHEチョコレートもいいがコストパフォーマンスを重視するなら、これがおすすめ。味も好みでうまかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。