ダイエットに必要なトレーニングメニューは筋トレだけでいい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットのためにするべき唯一の運動

今までダイエット界の神話の頂点である有酸素運動、特にランニング。

ずっと痩せるには必要と言われ続けてきた。これまで何人の犠牲者を出したのだろうか…

ダイエットするのにランニングは絶対にやってはいけない!詳しくは下の記事を。

それ以外の運動についてはまとめ記事の「ダイエットにおすすめな運動はこれだ!【有酸素運動vs筋トレに完全決着!】」をどうぞ。

じゃあ、なにをすればいいのって話だよね。

その答えは、筋トレです!

筋トレすると太くなる?

女性でこれを聞くと足が太くなるんじゃない?ムキムキになるのはやだ!っていう人が結構いる。

でも、ちょっと筋トレしただけでそんなことにならないから安心して(笑)

男でさえ必死に筋トレしてもマッチョになるのは難しいのに、筋肉を作るのに必要な男性ホルモンが男よりはるかに少ない女性がマッチョになるには至難の業。

しかも、筋肉がつくよりも脂肪が減るほうが早いから、細くなる一方です!

ここで、「んじゃ脂肪だけ落せばええやんけ。筋肉とかいらんし、わしゃ筋トレしとうない!」

と考える人もいるだろう。

しかし、筋トレこそがダイエットの要だし、筋肉をつけずして本当のダイエットは不可能です!

なぜ筋トレで痩せるのか?

まずは筋トレで痩せるという根拠を具体的に見ていこう。

①まず、脂肪燃焼をするのは有酸素ではなく筋トレの方がいい

たしかに一時的なカロリー消費は有酸素のほうが大きいときもある。しかし、筋トレは有酸素にはない効果がある。

それはEPOC(エポック)と呼ばれる、運動後の脂肪燃焼がずっと続く効果だ。

これは筋肉が回復するためにエネルギーを使っているために起こる現象。これが有酸素よりも、筋トレのほうが長い。

効果として10時間~1日ほど続くと報告されている。

運動してないときにどんどんカロリー消費をするという、ボーナスタイムがついてくるんだ。

だから、筋トレそのものの消費カロリーよりもはるかに多くの恩恵があるってこと。

②そして、筋肉があると代謝があがりリバウンドしない体になる?

筋肉があると基礎代謝があがる。と聞いたことがあると思う。

これは実は若干の嘘が入っている。

よく、筋肉がエネルギーを消費して太らない体になると言われている。しかし、実のところ筋肉は1キロで13カロリーしか消費しないんだ。これくらいなら気にしなくていいと思ってしまうかもしれない。

しかし、どうやら筋トレで筋肉がつく過程で内臓や心臓なども発達し、それらによってもカロリー消費が増しているんだ。また、筋肉が多い状態で筋トレをすることで多くのエネルギーを消費しているかもしれない。

このあたりでトーンダウンしているのは正確には原因はまだわかってないからだ。ただ、有酸素よりも筋トレの方が痩せるというデータがあるだけなんだよね。なので、代謝の効果はあったらラッキーくらいな感じで思っておこう。

真の美人を目指すには筋トレしかない

そして、ここが僕が一番言いたいところ。美しい体には筋肉が必須ということだ。

ただ脂肪を落としても、細いだけの魅力のない体になる

男性に関しては言わずもがなであるが、筋肉が適度についた体のほうがかっこいいことは間違いない。マッチョまでいくと気持ち悪がられることもあるだろうけど(笑)

女性についてはどうか?科学的な観点からいうと、まずウエストとヒップの比率があることで魅力的に見える。お尻にしっかり筋肉をつけたほうが魅力は増す。

また筋肉がないと腕や足にハリがなく、ぶにぶにした体になってしまう。

なぜただ細いことを目指すのか?

本来、細すぎることは不健康を連想し、人間の本能としては健康的な体を美しいと考えることが正しい。

日本では、女性の肥満は少なくなってるし(参照1)、むしろ痩せが増えている(参照2)、男女ともに先進国の中で最も肥満が少ない(参照3)。それなのに、自分のことを太っていると思っている人の割合が多いようだ(参照4)

これは日本のTVや雑誌で細さがよいということを宣伝しすぎているからだと思う。世界で細すぎることが共通認識として美しいとされてはいない、だからただ細さを求めているということは普遍的な価値観ではないからだ。

海外モデルでかっこよくて綺麗な体に見える人は、しっかりと筋肉がついていて健康的だ。

世界での新しい流れ

細さを求めすぎると美しさを損なうだけでなく、拒食症などにもつながってしまう。世界ではこうしたことに対応しようする流れも起きている。

2つとも、今年のニュースだ。

フランスの高級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)とケリングは6日、ファッションショーなどで痩せ過ぎのモデルを起用しないよう傘下のデザイナーに義務付ける指針を発表した。

フランス下院は3日、痩せすぎのファッションモデルの活動を禁止するとともに、そのようなモデルを雇用した業者に最大7万5000ユーロ(約980万円)の罰金や最大6カ月の禁固刑を科す法案を可決した。

参照 a / 参照b

さらに、痩せすぎは様々な健康上の弊害を生む。

痩せへの恐怖から摂食障害というだけでなく、BMIが18.5以下だと月経不順・流産しやすくなり(参照6)、痩せすぎは死亡率が高まる(参照7)

また、元ガリガリの僕の経験から言っても「肌荒れ・口内炎・免疫力の低さから何度も風邪をひく・精神状態が安定しない」など、しっかりと筋肉をつけ体重を増やした今では出ない症状に悩まされていた。

もし、これを見ている人はまず自分が痩せる必要があるかどうかを考えてほしい。

そのためにはBMIを計測しよう。「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で計算できる。

そして、これが17未満なら痩せる必要はない。WHOの基準なら、標準体重はBMIが18.5以上なので、17~18でも痩せということを覚えておいて欲しい。

BMI18の体重(四捨五入したもの)を貼っていおく。最低でもこれぐらいは体重が必要だ。下の図にある体重はなにがなんでも超えること!これで脂肪なくて筋肉ついてたらめちゃくちゃスタイルいいからね。

身長 BMI18の体重
140 35
145 38
150 41
155 43
160 46
165 49
170 52
175 55
180 58

でも、BMI18を目指すと日本のモデルを基準に考えると感覚的に細いとは思えないかもしれない。

そこでどうするか?

これを解決するのが筋トレなんです!

筋トレをし、タンパク質を多くとり、筋肉をつけて、健康的に美しい体を作ることだ。筋肉は脂肪に比べて重いので、美しさを維持したまま、BMIも維持できる。

安心して欲しいのは、このサイトは食事制限などということはせず、しっかりタンパク質もとるように推奨している。なので、痩せる必要のない人でも、この記事に書いてある通りにしてもらえれば、そういう人にはより綺麗な体を作るプログラムとなっている。

筋トレをするようになったら後は食事。実は、筋トレよりも食事のほうが大事なんだ。まずは食事を見直そう!詳しくはこちらを。

美の価値観の変化

世の中が細さのみに価値観を置いているなか、逆行するのは抵抗があると思う。しかし、そのような他人の価値観に振り回されて、健康を害していては元も子もない。そしてモデルのBMIをフランスで規制したように、これからはただ細いだけという流れは変わってくると思う。

しっかり食べて、しっかり筋トレし、健康的な美しさを手に入れてほしい。

しかも、その方が男受けもよくなるというおまけもついてくるからね(笑)。

日本のモデルとかは細さだけって感じの人が多いなか、菜々緒さんは体重にとらわれずしっかりと正しい方法で綺麗なスタイルを作っていて、こういうことを発信しており、素晴らしいと思う。

あの菜々緒さんも体重を増やし、筋トレしてるからねほんとにスタイルがいい人がこういうことをしっかり発信してるのは偉いよね

最近だと美人尻トレーナー岡部友さんなんかも、しっかりお尻に筋肉をつけて美しくなろうって感じで素晴らしいよね。お尻が大きくなればワンピースを綺麗に着こなせるし、お尻が上にキュッとあがれば足も長く見えていいことだらけ。しかも、岡部さんは内面もストイックでかっこいいという完璧な女性すぎる。

 

やっと公開できる完成版 本日OPENのfitness shop原宿店(ゴールドジム原宿店の入っているビルの地下一階)に掲載されます! この作品に関わる全ての方にありがとうございましたを言いたいです! 女が重りをあげて何が悪い〜! 男が女を守りたいって思うように、女も男を支えるために強くいるだけです。 オスが外で戦えるようにメスは支えられるうつわを鍛えておくのです。 女子たち!フェイクなロリコン文化に惑わされないで、もう少し本気で生きても大丈夫だから。 メスの優しさは強さからくるのだ〜!! だから強さを磨こいておこう。 来たるべき日のために。 Model/岡部 友 Photographer/ARISAK Hair/川島悦実 Make up/石谷洋子 Stylist/金田太郎 Photo retouch&Design/田中舘宏昭 Director&Copy/小林由佳 #hiptraining #spiceupfitness #fitnessmotivation #hipthrust #女性トレーニング #女性の自立 #フィットネス #フィットネス女子 #ウェイトトレーニング #weighttraining #weighttrainingforwomen #fitnessmodel #岡部友 #ヒップトレーニング #桃尻

Tomo Okabeさん(@tomo_fitness)がシェアした投稿 –


ヴィクトリアシークレットとかでもかなり細いが、Jasmine Tookeshaなんかはスクワットが好きと言っていて、素晴らしい!ミランダカーも筋トレしてるみたいだね。

個人的にはこれくらいあってもいい気がするんだけどねー(ANLLELA SAGRA推し)

体重は無視しろ!

体重なんかは気にしなくていいのはもはや常識だが、筋肉がついてない状態で体重が重いのは普通にだめです笑

え?体重を減らしたいんだけどって人はこの記事を。ダイエットしたいなら体重計を捨てろ!!

具体的な筋トレ方法は?

さて、ここまで来て筋トレがしたくなってきたよね。

じゃあ、具体的にどうやるか?それについてはここに書いてます!

あとプロテインについても気になると思うので、詳しくない人はこちらも参考に。

参照1 http://himan.jp/statistics/
参照2 http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0211/sp4.html
参照3 http://www.japohan.net/archives/12213
参照4 https://matome.naver.jp/odai/2142210164367405401
参照5 http://jp.reuters.com/article/model-fra-idJPKBN0MX06A20150406
参照6 http://veauty.jp/contents_new/specialnumber_weight/
参照7 http://epi.ncc.go.jp/can_prev/evaluation/2830.html

パーソナルトレーニング 入会者募集!!

ダイエットに失敗し続けていませんか。痩せては太るを繰り返していませんか。
なぜうまくいかないのでしょう。あなたは一生懸命にダイエットを試みているのに。
理由は簡単ですよね。
悪いのはそのダイエット方法です。
世の中に広まっている一時的な効果しかないダイエット方法とは違い、健康になればダイエットは既に終わっているの信条の下、リバウンドもなく健康的に一生継続していく痩せ方を実践します。

パーソナル紹介ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。