【ガリガリ男性向け】ウエイトゲイナーの選び方【増量におすすめのプロテイン】

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

太るということについて

今回は太るためのプロテインの選び方だ。
そもそもプロテイン飲むだけで太れると思っている人もいるかもしれない。
しかし、それは間違いだ。
まずは、太るとはなにかという根本から説明していこう。

ごはんを食べろ?

僕もガリガリだったので、よくごはんを食べろと言われていた。
しかし、ただ食べるだけで太っても意味はない。

体の成分を考えよう。
水分、筋肉、骨・腱、脂肪、内臓。
水分を多くとるとある程度は増えるが流動的なもの。
骨や腱は鍛えることができるが、重さはそこまで変わらない。
内臓も多く食事をしたりすれば鍛えられ、重量も増えるがこれも大きくは変化しない。

そこで、太るというのはつまるところ、筋肉か脂肪を増やすということなのだ。
ただ、筋肉は運動などで鍛えてはじめて増える。タンパク質だけとってもダメ。
ただ、ごはんを食べろというのは脂肪を増やすだけなのだ。
ガリガリで悩んでいる人にとっては脂肪でも欲しいかもしれないが、健康にも悪い。
しかも、ガリガリの人は脂肪がつきにくいことが多いので、筋肉をつけることの方が結果的に早いと思う。
そこで、太るためには食事だけでなく、あわせての筋トレが必要になってくる。

具体的な食事戦略

筋トレをしていたら当然タンパク質が必要になってくる。
筋肉を作る材料だからだ。
筋トレをしていない人でも、タンパク質の摂取が少ないと筋肉を分解してしまう。

人間が動くためにはエネルギー、カロリーが必要となってくる。
これが1日の食事量で足りないと、脂肪や筋肉を分解して補おうとする。
なので、食が細い人は気をつけないといけない。

どれくらい食べればいいのか?
ガリガリな人にありがちなのが、食べているのに太れませんというものだ。
これは、主観ゆえに起こる勘違いである。

ほんとに太るためにはだいたい1日3000kcalはとる必要があるが、これはなかなか大変だ。
しかも、健康的な食事でこれをとるのは本当につらい。
どうしても短期で増やしたいのなら、ジャンクなものも取り入れてもいいが、せっかく肉体改造をするなら健康的に太る方がいい。
そうすると、頭もクリアになるし、精神面もよくなる。太っても、病気になったら意味ないし。

ただカロリーを摂りすぎると、内臓などに負担がかかる。
糖尿病や腎臓、肝臓などへダメージがある。
少し汚い話で申し訳ないが、僕はラーメンを年300杯ほど食べていたときに緑の便が出たくらいだ。
便はもともと緑で、胆のうの機能で茶になる。脂肪のとりすぎで、胆のうの機能が弱まったのだ。

太るために無理をしすぎると危険である。

そこで、

1日体重×60kcalを目標に食べること。筋肉をつけるなら体重×2g以上のタンパク質を摂取。
大量に食べてもいいように、健康なものを食べる。

太るためのプロテイン

さて、この条件を満たすために必要になってくるのがプロテインだ。
プロテインは種類によるが、基本はホエイプロテインといって乳製品からタンパク質を取り出している。
これは、体の酸化を防いだり、アレルギーを直したり、インシュリン感受性を向上したり、コレステロール値が下がったりと健康効果が高い。
タンパク質を多く摂取すると腎臓が悪くなるという話もあったが、現在の研究によるとこれは関係がない。厚生労働省もそのように説明している資料がある。

ただ、乳糖不耐症の人は注意だ。
その人は乳糖を取り除いたプロテインを飲むべき。詳しくはこちらの記事を。

そして、普通のプロテインだけではタンパク質だけしかとれない。
しかし、ウエイトゲイナーといって炭水化物も入っているプロテインもある。これは太るためのものだ。文字通りウエイトをゲイン(得る)んだ。タンパク質だけでなく、炭水化物が入っている。肉や卵などを意識しつつ多く食べると、タンパク質は十分とれる。そこで、タンパク質だけでなく、炭水化物も補ってバルクアップを加速させるのだ

また、ミールリプレイスメントといって、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミンなどが入っており、食事のかわりになるものもある。こちらも文字通りミール(食事)のリプレイスメント(代用)だ。ただ、コストの観点等からウエイトゲイナーの方が良いと思うで、今回は割愛する。

ウエイトゲイナーも色々なメーカーが出しているので、これらのなかで太るために適しているものがどれかを紹介していく。
太るためにはある程度の量を飲むことになるので、タンパク質含有量だけでなく味やコストパフォーマンスの観点等からも見ていきたい。プロテインの質はそこまで変わらないし、大量に飲むならやはり気になるのは値段。また、安くしといてタンパク質の含有量を巧妙に減らしてくるメーカーとかもあるので1円当たりにどれだけのカロリー・タンパク質がとれるかという独自の数値で計測してみた。

ウエイトゲイナー一覧

国内メーカー

国内メーカーだと、kentai、ウィダー、ゴールドジム、ビーレジェンドといったメーカーがある。

軽くメーカーの説明をすると、

  • コスパがいいものが多いkentai、
  • 一般的に流通が多いウィダー。僕が初めて買ったプロテインもウィダー。
  • 有名ジムであるゴールドジムのブランドで質が高いと思われる。個人的には味も一番おいしいかな。
  • youtuberとかを使いネットでの宣伝が凄いビーレジェンド。

ってな感じ。

 商品名 Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ 3kg ウイダー ウエイトアップビッグ バニラ味 1.2kg GOLD’S GYM ウエイトゲイナー チョコレート風味 1kg ビーレジェンド ZOURYO コーヒー牛乳風味 1Kg
 
値段 3267円(5709円) 3230(2745) 3500円(2975円) 4780円
kcal/円 1.2(2.07) 1.39(1.63) 1.1(1.28) 0.82
タンパク質/円 0.06(0.10) 0.06(0.07) 0.09(0.1) 0.11

※値段は調べた時点でのアマゾンの値段なので変動あり。
()の中は同じ商品をできるだけ安く買った想定ですkentaiは5kgをアマゾンの定期お特便を利用。ウイダー、ゴールドジムは同じものをアマゾン定期お特便を利用。

国内メーカーの普通のプロテインはだいたい1キロ4000円なので、それよりは安いところが多い。タンパク質より炭水化物のほうが安いからね。

国内ではやはりKentaiが強い。5kgのものを定期お特便で買うのがかなりお得だ。

海外メーカー

次は海外メーカーだ。やはり安さを考えるとこちらがよい。
海外だと中身が怖いと思うかもしれない。たしかに、一部のメーカーのプロテインにはステロイドが入ってるなんて怖い噂も聞いたことがある。ただ、メジャーなところで日本人も多く使っているところはそんなに心配はいらないだろう。
値段の安さも、多く売れるから安いだけであって、日本メーカーは広告費とかで高い値段のものが多いし、質の問題ないと思われる。そもそも分解されたホエイの質なんてそこまで差はないと思う。

メーカーとしては

  • Champion Nutrition
  • Optimum nutrition
  • My protein

これらは筋トレに割と詳しい層からの支持が高い。

 メーカー/商品名 Super Heavy Weight Gainer 1200 3kg Chocolate Brownie ON Serious Mass チョコレート 2727g MYPROTEIN/IMPACTウエイトゲイナー2.5kg(現時点の割引クーポン使用)
     
値段 5490円 4200円 2310円
kcal/円 2.35 2.42 3.99
タンパク質/円 0.14 0.1 0.33

※値段は調べた時点でのアマゾンの値段なので変動あり。
※()の中は同じ商品をできるだけ安く買った想定です。

まずありえないほどマイプロテインが安い。どう考えてもマイプロテイン一択しかない結果になってしまった。
実は僕は最近までマイプロテインを使ってなかった。それは数年前から、マイプロテインを進めている人をちらほら見かけたが、その人たちがみんな、ひたすら紹介コードを貼ってここから買え!みたいなのが多くて辟易してたから。

でも、実際に調べてあまりの安さに驚いた。そして、実際に買ってみると味もうまい。
イチゴ味を買ったんだけど、かなり甘めで好み。ホエイ臭さもなく、若干豆乳っぽい感じとケミカルな感じはあるものの、美味しい。

今はマイプロテインに完全乗り換えしてて、本当におすすめです!

ちなみにめっちゃ安いセールで買ったので、5kgで2975円とありえない値段になってた。

マイプロテインのデメリットと注意点

ただ、マイプロテイン製品を購入する上でいくつかの注意点

  • 送料がかかる。8500円以上購入しないと2000円近い送料になる。ただ、この点は一気に買えばいいだけ。
  • 時間がかかる。海外からの発送なので1週間ほどかかります。
  • 配送状態の問題。調べてみるとどうやら配送で箱がぼこぼこになってるという意見がちらほら。そこで350円のプラスオプションでヤマトで配送できるので、こちらを利用している。ただ、これもたまに箱がぼこぼこだけどね(笑)。まあ、商品に問題ないので、気にならないけど。
  • プロテインの袋のチャックが締まりにくい。これは当たりはずれがある。気になるなら100均のやつとかで止めればいいよね。

クーポンの入手方法

またクーポンについても少し注意。
下のリンクを踏むか、僕の紹介コード(M4XW-R1)を購入時に入力して買うと初回の1回に限り33%オフになる(その時々で割引率とかを変更してるみたいだからしっかり確認しよう)。
けど、いつも30%オフクーポンとかあるし、もっと安いセールもある。
ぶっちゃけ、コードとかなると他人のやつ使うのなんかやだよね(笑)。まあコードのおかげで広告費下げて、安くていい商品が出来上がってるわけだけど。
他人のコード使うのしんどいなって人は、他のサイトや僕のコードとか使わずにこまめにサイト見るなり、マイプロテインのメール確認するなりして、割引がすごいセールの時に買いだめしよう。
半額とか70%オフとかあるよ。

Myprotein Japan

クーポンの使い方

商品自体割引になってるときがあり、それとクーポンを混同しないように!
ちゃんとカートに進んでそこで商品ページに書いてあるクーポンを書き込もう!
商品ページのものよりさらに安くなるので!

 

 

ちなみに送料8500円に達成するのが難しいってときは、

プロテイン パンケーキ ミックス
ベイクド クッキー

をあわせて買うのがおすすめ。めちゃくちゃ美味しくて、タンパク質豊富でカロリーもがっつり稼げる
バルクアップにはもってこい。

あとはまずはアマゾンで試しに買うというのもあり。こちらもまあまあ安く買えるので。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。